コラム COLUMN

内視鏡AIをウェブで操作体験 〜内視鏡の未来を体験する〜

※本記事は医師向けです。また本AIは広くAIの実態を伝えるべく、インターネット公開用に開発したものであり、医療機器として販売するものや過去研究開発したものではございません。

ここ数年で、AI(人工知能)は様々な分野での社会実装が進んできました。医療業界に携わる皆さんも、医療におけるAI活用の論文やニュースを目にしたことがあるかもしれません。内視鏡の分野でも、大腸を対象にした内視鏡AIは臨床現場でも使われるようになってきました。医療とAIの発展とともに、臨床現場でのAI実装は今後より進んでいくものと考えられます。

この無料会員制の医師向けメディア「gastroAI online」は、内視鏡AIを研究開発する株式会社AIメディカルサービスが運営しており、内視鏡AIを中心とした最新研究をお届けしています。本記事では、内視鏡におけるAIの実態をお伝えするべく、インターネット公開用に開発したAIを操作体験いただけます。

内視鏡AIの操作体験とは?

 ウェブ画面に映し出される複数の早期胃がんの病変が映った内視鏡検査動画に対して、AIが病変に対する解析結果(腫瘍性の可能性の度合い)を表示する一連の動作を模擬体験いただくことができます。

    1.内視鏡検査動画を選択し、再生します(4本の検査動画があります)
    2.早期胃がんが疑われる箇所で動画を停止してください
    3.AIの解析結果が表示されます

ウェブで最新内視鏡AI技術を操作体験
※内視鏡AIの操作体験は、gastroAI online会員限定(登録無料)コンテンツです。会員登録はこちら

会員登録するメリット

全ての記事を閲覧できる

gastroAI onlineは、登録無料の医師向け会員制メディアです。一部の記事は、会員限定公開となっています。

内視鏡AIの最新研究を知れる

国内外問わず、内視鏡AIを中心とした最新論文サマリーを読むことができます。内視鏡AIの現在地をフォローしたい方には最適です。

他では読めない著名な先生方のインタビュー記事を読める

内視鏡や内視鏡AIを語る上で欠かせない著名な先生方へのインタビューにふれることができます。

会員限定の人気記事

【特別講演】新たなステージに向かう内視鏡スクリーニング part1 – 大澤博之先生(自治医科大学) 本文を読む

【インタビュー】内視鏡診療の発展に貢献、内視鏡AIがもたらす可能性 – 平澤俊明先生(がん研有明病院 上部消化管内科 胃担当部長) 本文を読む

【インタビュー】内視鏡診療において様々な課題がある中で、内視鏡医の期待、想像を超えるAIを創ってほしい~前編~ – 内藤裕二先生(京都府立医科大学 生体免疫栄養学講座 教授) 本文を読む

【論文サマリー】早期胃がん検出の診断能力におけるAIと内視鏡医の比較検証 – 池之山洋平先生(がん研有明病院) 本文を読む

【論文サマリー】CNNを活用したカプセル内視鏡画像における血液内容物の自動検出/東京大学医学部附属病院 青木智則先生 本文を読む

無料会員登録してAI操作体験