学会・イベント登壇情報 CONFERENCE

[登壇報告]熊本大学大学院 生命科学研究部 生体機能病態学分野 消化器内科学 勉強会「『内視鏡AIの未来』~人工知能(AI)を用いた内視鏡診断支援~」

2021年6月2日に、株式会社AIメディカルサービス(以下、AIM)はAIMが実施している内視鏡AIの開発に関して、内視鏡検査に関わる医師の方々へ報告する勉強会をオンラインで行いました。本稿では勉強会の内容を、パネルディスカッションを中心にサマライズします。

勉強会概要

対象(参加者):熊本大学病院・熊本総合病院・国保水俣市立総合医療センター・服部胃腸科に所属する内視鏡医の先生方
場所:Webミーティングツールを利用したオンラインによる開催
参加者人数:26名

講演内容

なぜ上部消化管を対象に内視鏡AIを開発しているのか?

2018年12月6日に大腸の腫瘍性ポリープの判別に関する内視鏡画像診断支援プログラムが薬機法に基づき,クラスⅢ・高度管理医療機器として国内初の承認を取得しました。2021年6月現在、国内では大腸の領域で3社の内視鏡画像診断支援プログラムが発売されています。一方で、上部消化管検査の領域やカプセル内視鏡の領域では、日本において薬事承認を取得したAIはありません。
なぜ上部消化管を対象に内視鏡AIを開発しているのか?
AIMが上部消化管を対象に内視鏡AIを開発している主な理由は「早期ステージでの発見で、生存率の大幅上昇が期待できるから」です。胃がんや食道がんは他の消化管のがんに比べ、ステージが進行することによる5年生存率の減少幅が大きく、早期発見によって生存率が上昇することが期待できます。そのため、上部消化管を対象にした内視鏡AIを開発することが現場にとって有用性があると考え、開発を進めています。

内視鏡AIの未来

内視鏡AIは、内視鏡検査に関わる人をWIN-WINにできるプロダクトではないかと考えています。専門医と内視鏡AIの診断支援によって診断の質を上げることができれば、患者さんはより高精度の検査を受けることができるようになります。また、内視鏡AIによる診断支援を受けることで、検査を行う内視鏡医の負荷を減らせる可能性もあります。更に、導入した医療機関においても、業務効率化とリスク低減がもたらされる可能性が考えられます。
内視鏡AIの未来
現在、AIMは内視鏡AIの製品化、薬事承認取得に向けて準備していますが、将来的には内視鏡AIは検出・鑑別・範囲診断といったように、内視鏡検査における各工程で診療をサポートできる可能性があります。現時点では内視鏡AIができないこともありますが、研究によっては専門医と同等かそれ以上の結果が出ているものもあり、日本のみならず世界へ展開できる可能性がある日本発の医療機器だと考えています。「内視鏡AIがあることが当たり前」となる未来に向けて、これからも邁進してまいります。

パネルディスカッション

勉強会の後半では、出席いただいた先生方とパネルディスカッションが行われましたので、ご参加頂いた先生と内容の一部をご紹介致します。

パネルディスカッションにご参加頂いた先生方のご紹介

田中靖人先生(熊本大学大学院 生命科学研究部 生体機能病態学分野 消化器内科学 教授)
田中 靖人 先生
熊本大学大学院 生命科学研究部 生体機能病態学分野 消化器内科学 教授
専門分野/専門領域:肝疾患全般

直江秀昭先生(熊本大学大学院 生命科学研究部 生体機能病態学分野 消化器内科学 准教授)
直江 秀昭 先生
熊本大学大学院 生命科学研究部 生体機能病態学分野 消化器内科学 准教授
専門分野/専門領域:消化管疾患全般

具嶋亮介先生(熊本大学病院 消化器内科 特任助教)
具嶋 亮介 先生
熊本大学病院 消化器内科 特任助教
専門分野/専門領域:消化管疾患の診断と治療

宮本英明先生(熊本大学病院 消化器内科 特任助教(教育医長))
宮本 英明 先生
熊本大学病院 消化器内科 特任助教(教育医長)
専門分野/専門領域:消化管悪性腫瘍、胆膵悪性腫瘍

脇幸太郎先生(熊本大学病院 消化器内科)
脇 幸太郎 先生
熊本大学病院 消化器内科
専門分野/専門領域:消化管内視鏡診断と治療

パネルディスカッション~内視鏡AIの開発過程と、内視鏡診療の将来展望~

(田中先生)
「これまでAI構築、特にアノテーションが非常に難しかったと伺いました。検出における感度は優れていますが特異度はまだ不十分であるので、専門医にとっては補助的な役割になるのではないかというイメージを持ち、一方でダブルチェックの機能は診断過程において大きな役割を果たすと思いました。遠隔診療の観点では、地域貢献も期待できそうです。また、現在は大腸だけですが、今後上部の診断もできるようになれば、使われる施設も増えるのではないかと考えました。最終的には、熊本メディカルネットワークを活用しながら熊本県でもやっていきたいと思います。しかし、匿名性等の倫理的な対策が確立されているのかが懸念点としてあります。」

多田 智裕(医師)
Tomohiro Tada
医療法人ただともひろ胃腸科肛門科 理事長 / 株式会社AIメディカルサービス 代表取締役CEO 医師

概略
1996年東京大学医学部医学科卒業。東京大学医学部附属病院外科研修医として勤務。
2005年に東京大学大学院医学系研究科博士課程修了。
2006年より武蔵浦和メディカルセンターただともひろ胃腸科肛門科開業。
2012年より東京大学医学部腫瘍外科学講座客員講師。
2017年株式会社AIメディカルサービスを設立、代表取締役CEOに就任し、現在に至る。

学歴
1996年3月 東京大学医学部医学科卒業
2005年3月 東京大学大学院外科学専攻卒業

職歴
1996年6月 東京大学医学部付属病院 外科
1997年6月 国家公務員共済組合虎ノ門病院 麻酔科
1999年12月 東京都教職員互助会三楽病院 外科
2001年6月 東京大学医学部付属病院 大腸肛門外科
2005年4月 東葛辻仲病院 外科
2006年7月 武蔵浦和メディカルセンターただともひろ胃腸科肛門科院長
2012年3月 東京大学医学部付属病院 大腸肛門外科学講座 非常勤講師
2017年9月 株式会社AIメディカルサービス 代表取締役CEO

所属学会・資格・役職など
浦和医師会胃がん検診読影委員
日本外科学会専門医
日本消化器内視鏡学会指導医
日本消化器病学会専門医
日本大腸肛門病学会専門医

著書・論文など
【著書】
『行列のできる 患者に優しい“無痛”大腸内視鏡挿入法』など著書複数。

【論文】
Application of artificial intelligence using a convolutional neural network for detecting gastric cancer in endoscopic images.
Hirasawa T, Aoyama K, Tanimoto T, Ishihara S, Shichijo S, Ozawa T, Ohnishi T, Fujishiro M, Matsuo K, Fujisaki J, Tada T.
Gastric Cancer. 2018 Jul;21(4):653-660. doi: 10.1007/s10120-018-0793-2. Epub 2018 Jan 15.
PMID: 29335825 など多数

内視鏡・AI・医療の今を知る 会員登録はこちら