インタビュー INTERVIEW

「食道癌診断AIの開発と動画を用いた検証」から見えてきたAIの利用シーンと実用化への展望・課題

今回は、2021年11月に行われたJDDW 2021 KOBE(第29回 日本消化器関連学会週間)において「食道癌診断AIの開発と動画を用いた検証」を発表された、大阪国際がんセンター 田尻絢香先生(現在は大阪大学医学部附属病院勤務)にお話しを伺いました。田尻先生は、当該研究を行った経緯や研究成果とともに、将来的な実臨床での「食道がん診断AI」の利用に対する展望についてお話しいただきました。尚、当演題は、JDDW 2021 KOBEにおいて、優秀演題賞及び若手奨励賞に選出されています。

拾い上げAIと鑑別AIの2つを用いて、内視鏡医のスキルと比較する研究デザイン

大阪国際がんセンターに勤務中、私は同じ病院の医師と共同で、「食道がんのAI」についての開発・研究を行っていました。医療分野でも特化型のAIが次々と開発される中で、「実際の腫瘍を鑑別する」ことを想定し、AIによる判定がどこまで可能であるのか、それが実臨床にどう活かしていけるのか、さまざまな検証が必要とされる時だったのだと思います。現在、大阪国際がんセンターでは、「食道がん」のAIを開発し、特定臨床研究まで進んでいます。

消化管がんの判定をAIがサポートする

これに対する研究は、数年前からいくつかの施設にて行われています。食道がんの診断時には、内視鏡画像上の色相から病変部を指摘するという特徴があります。食道がんが進行して内視鏡治療適応外となった場合、手術は胃や大腸といった他の消化管と比較しても患者への侵襲がより大きいため、より早期発見が求められるがんと考えます。私たちはこれまで、食道扁平上皮がんに対するAI診断システムを開発し、内視鏡医の診断スキルに劣らない診断精度があることを報告してきました。

今回はさらに一歩進め、拾い上げAI鑑別AIの2つのシステムについて、実臨床での使用を想定し、内視鏡医の診断と正診率などを比較することで、その性能に対する検証を行いました。

拾い上げAIに期待されることは、非拡大内視鏡下にて色調と肉眼的な異変をキャッチし、「がんが疑われる部位」を指摘することにあります。一方の鑑別AIに対しては、拡大内視鏡下にてがん・非がんを鑑別することが期待されます。実臨床ではこの2つのシステムを使用して、まずはがんを疑う部位を拾い上げ、さらにその質的診断を行うことで、食道がんの診断を行うことを想定しています。

拾い上げAIにおいて感度が高く特異度が低い結果は想定内

私たちはまず、拾い上げAIにてがん63症例、非がん50症例の判定を行い、内視鏡医21名(内視鏡経験年数中央値5年)による判定結果との比較を行いました(図1)。

図1 拾い上げAIと内視鏡医との判定結果の比較

図1 拾い上げAIと内視鏡医との判定結果の比較

その結果、内視鏡医21名の平均よりも、拾い上げAIの方が感度は高くなりましたが、特異度は低いという結果になりました。特異度が低いことについては想定の範囲内でした。まずは拾い上げAIの感度を高めることで、「疑わしい病変」を取りこぼすことなく拾い上げることを目指していたためです。

鑑別ではより正確な判断が求められる病変について特に正診率が高かった

次に私たちは鑑別AIを使用し、がん83病変および非がん64病変の判定を行い、内視鏡医19名(内視鏡経験年数中央値12年)との比較を行いました(図2)。

図2 鑑別AIと内視鏡医との判定結果の比較

図2 鑑別AIと内視鏡医との判定結果の比較

その結果、内視鏡医の平均よりも、正診率・感度・特異度ともに、鑑別AIの方が優れていたという結果になりました。

さらに、鑑別AIの症例の特徴による正診率を比較すると、pMM以深(21例)では100%(内視鏡医平均89.0%)、病変径(≥20㎜)では96.8%(内視鏡医平均82.9%)と、より見逃してはならない、正確な鑑別診断が必要とされる症例において、かなり高い正診率を示しました(図3)。

図3 鑑別AIと内視鏡医 症例の特徴による正診率の比較

図3 鑑別AIと内視鏡医 症例の特徴による正診率の比較


多田 智裕(医師)
Tomohiro Tada
医療法人ただともひろ胃腸科肛門科 理事長 / 株式会社AIメディカルサービス 代表取締役CEO 医師

概略
1996年東京大学医学部医学科卒業。東京大学医学部附属病院外科研修医として勤務。
2005年に東京大学大学院医学系研究科博士課程修了。
2006年より武蔵浦和メディカルセンターただともひろ胃腸科肛門科開業。
2012年より東京大学医学部腫瘍外科学講座客員講師。
2017年株式会社AIメディカルサービスを設立、代表取締役CEOに就任し、現在に至る。

学歴
1996年3月 東京大学医学部医学科卒業
2005年3月 東京大学大学院外科学専攻卒業

職歴
1996年6月 東京大学医学部付属病院 外科
1997年6月 国家公務員共済組合虎ノ門病院 麻酔科
1999年12月 東京都教職員互助会三楽病院 外科
2001年6月 東京大学医学部付属病院 大腸肛門外科
2005年4月 東葛辻仲病院 外科
2006年7月 武蔵浦和メディカルセンターただともひろ胃腸科肛門科院長
2012年3月 東京大学医学部付属病院 大腸肛門外科学講座 非常勤講師
2017年9月 株式会社AIメディカルサービス 代表取締役CEO

所属学会・資格・役職など
浦和医師会胃がん検診読影委員
日本外科学会専門医
日本消化器内視鏡学会指導医
日本消化器病学会専門医
日本大腸肛門病学会専門医

著書・論文など
【著書】
『行列のできる 患者に優しい“無痛”大腸内視鏡挿入法』など著書複数。

【論文】
Application of artificial intelligence using a convolutional neural network for detecting gastric cancer in endoscopic images.
Hirasawa T, Aoyama K, Tanimoto T, Ishihara S, Shichijo S, Ozawa T, Ohnishi T, Fujishiro M, Matsuo K, Fujisaki J, Tada T.
Gastric Cancer. 2018 Jul;21(4):653-660. doi: 10.1007/s10120-018-0793-2. Epub 2018 Jan 15.
PMID: 29335825 など多数

内視鏡・AI・医療の今を知る 会員登録はこちら