インタビュー INTERVIEW

「AIは車のナビのように頼れる存在に成り得るのではないか」内視鏡医によるAI体験のご感想


株式会社AIメディカルサービスでは、2020年10月より内視鏡AI体験ブースを設け、内視鏡医の先生方に開発中のAIを体験頂き、ご感想やご意見、アドバイスを賜っております。
※ご注意:本体験は、当社が用意した写真/動画を用いた「AI疑似体験」です。また、医薬品医療機器等法未承認の技術です。

内視鏡AI体験では、開発中の「胃がん鑑別AI」をご体験頂いております。「胃がん鑑別AI」は、先生方が腫瘍性を疑う病変に対してフリーズを行うことで、AIが腫瘍性である可能性の度合い(確信度)を表示するもので、質的診断(鑑別)の支援にご活用頂くことを想定しています。内視鏡AI体験にご興味・ご関心のある内視鏡医の先生は、以下よりご予約頂けますので、お気軽にご連絡ください。
内視鏡AI体験予約

本稿では、内視鏡AIを体験された先生方がどのように感じられたのか、頂戴したコメントをご紹介致します。「内視鏡AIってどうなの?」「AIメディカルサービスの評判は?」と気になる方の、ご参考になればと存じます。

井上晴洋先生(日本消化器内視鏡学会理事長 昭和大学江東豊洲病院消化器センター長)

井上晴洋先生(日本消化器内視鏡学会理事長 昭和大学江東豊洲病院消化器センター長)

井上晴洋先生(右)

【JDDW 2020 KOBE 「胃がん鑑別AI」特設体験ブースのご感想】
日本消化器内視鏡学会理事長であり昭和大学江東豊洲病院 消化器センター長の井上晴洋先生にご来場いただきました。
AIをご体験頂いた後、ご感想を頂戴しています。
「専門医はAIがあってもなくても正しく診れることはもちろんだが、我々、生きている人間は仕事に集中する努力はしても疲れている時、体調が優れない時、時間に追われている時もあるでしょう。医師の状態に寄らず、平均点を出せるAIというのは助かる。また、開業医など地域医療を支える医師達は必ずしも消化器の専門とは限らず身近に頼れる専門医がいないケースもある。そんな時にもAIは飛行機や車のナビゲーションシステムのように頼れる存在に成り得るのではないか。」とお話頂きました。
引き続き医師に頼られる製品を目指し邁進してまいります。

竹内洋司先生(大阪国際がんセンター 消化管内科副部長)

竹内洋司先生(大阪国際がんセンター 消化管内科副部長)

竹内洋司先生(中央)

【JDDW 2020 KOBE 「胃がん鑑別AI」特設体験ブースのご感想】
大阪国際がんセンター・消化管内科副部長の竹内洋司先生に、弊社のAI体験にご来場を賜りました。
実際にAIの反応具合を試して頂きながら、ハードウェア面も含めて様々なアドバイスを頂戴しました。
「やはりAIは、あった方が楽でしょうね。特に、相談できる上級医がいつもすぐ近くにいる環境でなければ。」

多田 智裕(医師)
Tomohiro Tada
医療法人ただともひろ胃腸科肛門科 理事長 株式会社AIメディカルサービス 代表取締役CEO 医師

概略
1996年東京大学医学部医学科卒業。東京大学医学部附属病院外科研修医として勤務。
2005年に東京大学大学院医学系研究科博士課程修了。
2006年より武蔵浦和メディカルセンターただともひろ胃腸科肛門科開業。
2012年より東京大学医学部腫瘍外科学講座客員講師。
2017年株式会社AIメディカルサービスを設立、代表取締役CEOに就任し、現在に至る。  

所属学会・資格・役職など
浦和医師会胃がん検診読影委員
日本外科学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本消化器病学会専門医
日本大腸肛門病学会専門医

著書・論文など
【著書】
『行列のできる 患者に優しい“無痛”大腸内視鏡挿入法』など著書複数。

【論文】
Application of artificial intelligence using a convolutional neural network for detecting gastric cancer in endoscopic images.
Hirasawa T, Aoyama K, Tanimoto T, Ishihara S, Shichijo S, Ozawa T, Ohnishi T, Fujishiro M, Matsuo K, Fujisaki J, Tada T.
Gastric Cancer. 2018 Jul;21(4):653-660. doi: 10.1007/s10120-018-0793-2. Epub 2018 Jan 15.
PMID: 29335825 など多数

内視鏡・AI・医療の今を知る 会員登録はこちら