インタビュー INTERVIEW

「生検要否の判断の際にAIという相談相手がいると心強いはず」内視鏡医によるAI体験のご感想


株式会社AIメディカルサービスでは、2020年10月より内視鏡AI体験ブースを設け、内視鏡医の先生方に開発中のAIを体験頂き、ご感想やご意見、アドバイスを賜っております。
※ご注意:本体験は、当社が用意した写真/動画を用いた「AI疑似体験」です。また、医薬品医療機器等法未承認の技術です。

内視鏡AI体験では、開発中の「胃がん鑑別AI」をご体験頂いております。「胃がん鑑別AI」は、先生方が腫瘍性を疑う病変に対してフリーズを行うことで、AIが腫瘍性である可能性の度合い(確信度)を表示するもので、質的診断(鑑別)の支援にご活用頂くことを想定しています。内視鏡AI体験にご興味・ご関心のある内視鏡医の先生は、以下よりご予約頂けますので、お気軽にご連絡ください。
内視鏡AI体験予約

本稿では、内視鏡AIを体験された先生方がどのように感じられたのか、頂戴したコメントをご紹介致します。「内視鏡AIってどうなの?」「AIメディカルサービスの評判は?」と気になる方の、ご参考になればと存じます。

齋藤洋子先生(茨城県メディカルセンター)

齋藤洋子先生(茨城県メディカルセンター)

齋藤洋子先生(左)

【JDDW 2020 KOBE 「胃がん鑑別AI」特設体験ブースのご感想】
AI体験に、茨城県メディカルセンターの齋藤洋子先生のご来訪を得ました。齋藤先生は2年前のJDDWで日本消化器がん検診学会大会会長を務められ、我々の内視鏡AIについても「検診」使用での視点を交えながら丁寧なアドバイスを下さいました。
「癌疑い時に生検をすることになるが病変が微小になればなるほど、その判断は難しい。限られた時間内に検査を終らせなければというプレッシャーがある現場もあるだろうし、内視鏡がん検診では生検率は10%以下が推奨されている。また、年齢層が高い被検者では抗血栓薬・抗凝固薬の服用者も増えている。生検要否の判断の際にAIという相談相手がいると心強いはず。」
など、AIの普及に対して強い期待を寄せて下さいました。
全国の検診現場で広く貢献できる内視鏡AIを目指します。

七條智聖先生(大阪国際がんセンター)

七條智聖先生(大阪国際がんセンター)

七條智聖先生(左)

【JDDW 2020 KOBE 「胃がん鑑別AI」特設体験ブースのご感想】
大阪国際がんセンターの七條智聖先生に、AI体験にご来場いただきました。
七條先生は、世界初の「ピロリ菌人工知能診断論文」(2017年10月14日EBioMedicineに掲載)の筆頭著者、世界初の「人工知能による十二指腸腫瘍拾い上げ論文」の責任著者です。
https://www.thelancet.com/journals/ebiom/article/PIIS2352-3964(17)30412-7/fulltext?fbclid=IwAR2jjifqhAxxelh-R0WXu2ATM_Tpl3PHc6xMN1zv6ud2Yk6pNLMMbhICX88
https://journals.lww.com/ctg/Fulltext/2020/03000/Application_of_Convolutional_Neural_Networks_for.15.aspx?fbclid=IwAR37iJNOmpiHtogf62hNttLHfZ7BTM9eimikTxQGphYl1OKQnpRNc4cBSqI
いち早くAIに取り組んできた内視鏡医だけに期待も大きく、
「薬事戦略上、AIMが胃の鑑別AIを先行させていることは理解しているが、検出AIも早く製品化してほしい。そして、大腸についても、他社が先行製品を出してはいるが、より高い精度で病変を拾い上げるものを作ってほしい。」
とのコメントを頂戴しました。製品をスピーディに上市していけるように社内体制も整えてまいります。

多田 智裕(医師)
Tomohiro Tada
医療法人ただともひろ胃腸科肛門科 理事長 株式会社AIメディカルサービス 代表取締役CEO 医師

概略
1996年東京大学医学部医学科卒業。東京大学医学部附属病院外科研修医として勤務。
2005年に東京大学大学院医学系研究科博士課程修了。
2006年より武蔵浦和メディカルセンターただともひろ胃腸科肛門科開業。
2012年より東京大学医学部腫瘍外科学講座客員講師。
2017年株式会社AIメディカルサービスを設立、代表取締役CEOに就任し、現在に至る。  

所属学会・資格・役職など
浦和医師会胃がん検診読影委員
日本外科学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本消化器病学会専門医
日本大腸肛門病学会専門医

著書・論文など
【著書】
『行列のできる 患者に優しい“無痛”大腸内視鏡挿入法』など著書複数。

【論文】
Application of artificial intelligence using a convolutional neural network for detecting gastric cancer in endoscopic images.
Hirasawa T, Aoyama K, Tanimoto T, Ishihara S, Shichijo S, Ozawa T, Ohnishi T, Fujishiro M, Matsuo K, Fujisaki J, Tada T.
Gastric Cancer. 2018 Jul;21(4):653-660. doi: 10.1007/s10120-018-0793-2. Epub 2018 Jan 15.
PMID: 29335825 など多数

内視鏡・AI・医療の今を知る 会員登録はこちら