医師向けウェビナー WEBINER

[開催報告]医師向けオンラインセミナー「内視鏡診療の今後の可能性 〜内視鏡AIと最新ESD〜」

去る2021年9月6日、株式会社AIメディカルサービスでは、カイゲンファーマ株式会社と共催で医師向け無料オンラインセミナー内視鏡AIと内視鏡診療の今後シリーズの第二弾として、「内視鏡診療の今後の可能性 〜内視鏡AIと最新ESD〜」を開催致しました。昨今のコロナ禍において、学会のオンライン開催などで施設を横断した医師間の交流が減っており、最新の診療情報の共有が滞っているという背景から、内視鏡医の先生方に大変期待いただいており、ご要望にお応えして第2弾として実施いたしました。7月に開催した第1弾に引き続き、先生方より150名を超えるお申込みを頂戴し、大盛況のもと終了しました。本稿ではその内容の一部をご紹介いたします。

医師向け無料オンラインセミナー「内視鏡診療の今後の可能性 〜内視鏡AIと最新ESD〜」について

内視鏡診療の在り方がAIの発展とともに変わりつつあります。最新の研究によると、AIの画像認識能力は人間を上回り、内視鏡にAIを搭載すると診療の質と患者様負担の軽減が期待できます。内視鏡診療の今後の可能性について、内視鏡領域で著名な先生方3名に、変革が起きている内視鏡診療の未来像の解説を行っていただきました。

関連学会で注目の「内視鏡AI」

内視鏡AIは通常ならば見逃しやすい病変や判断に悩む病変の正確な診断を可能にする可能性を秘めたシステムです。現在AIメディカルサービス社では内視鏡AIの研究開発を進めており、内視鏡AIが導入・普及することより、医師の負担の軽減やがんの病変の早期発見に繋がり、医師と患者双方が大きな便益を享受することが期待されています。

本公演では現在普及が進んでいる下部の内視鏡AIだけではなく、小腸カプセル内視鏡AIの研究成果や上市間近の上部内視鏡AIの実態と今後の可能性の最新情報をお伝えします。

胃腫瘍に対するリフタル®️Kを⽤いたESDと最新の話題

ESDは早期胃癌に対する標準治療となり、絶対適応病変であれば切除できないものはない時代になりました。これは、ESD黎明期を知っている演者にとっては隔世の感があります。しかし、現在でも術中・術後の出血は最大の問題です。本講演では、新たな局注剤リフタル®️KならびにESD術中・術後の出血対応などに関する話題を提供します。

プログラム詳細

19:00 開会の挨拶 
岡 志郎先生(広島大学病院 消化器・代謝内科/内視鏡診療科 診療准教授)

19:10 内視鏡診療の今後の可能性〜内視鏡AIと最新ESD〜

基調講演1 カプセル内視鏡AIによる隆起性病変検出と大腸部位分類の研究成果について
座長:岡 志郎先生(広島大学病院 消化器・代謝内科/内視鏡診療科 診療准教授)>
演者:齋藤 宏章先生(一般社団法人厚生会 仙台厚生病院 消化器内科)

基調講演2 胃腫瘍に対するリフタル®️Kを用いたESDと最新の話題
座長:岡 志郎先生(広島大学病院 消化器・代謝内科/内視鏡診療科 診療准教授)
演者:引地 拓人先生(福島県立医科大学附属病院 内視鏡診療部 部長/准教授)

内視鏡AI導入により得られる診療の品質向上
座長:岡 志郎先生(広島大学病院 消化器・代謝内科/内視鏡診療科 診療准教授)
演者:多田 智裕(ただともひろ胃腸科肛門科 理事長 / 株式会社AIメディカルサービス 代表取締役CEO)

20:20 パネルディスカッション
岡 志郎先生(広島大学病院 消化器・代謝内科/内視鏡診療科 診療准教授)
齋藤 宏章先生(一般社団法人厚生会 仙台厚生病院 消化器内科)
引地 拓人先生(福島県立医科大学附属病院 内視鏡診療部 部長/准教授)
多田 智裕(ただともひろ胃腸科肛門科 理事長 / 株式会社AIメディカルサービス 代表取締役CEO)

20:40 閉会のご挨拶
岡 志郎先生(広島大学病院 消化器・代謝内科/内視鏡診療科 診療准教授)

開始・開催の挨拶(広島大学病院 消化器•代謝内科 診療准教授 岡志郎先生)

岡 志郎先生(広島大学病院 消化器・代謝内科/内視鏡診療科 診療准教授)

岡 志郎(おか しろう)先生
広島大学病院 消化器•代謝内科 診療准教授

学歴・職歴
平成6年3月   広島大学医学部医学科 卒業
平成6年5月〜  広島大学医学部附属病院医員 (研修医)
平成7年4月〜  広島市立安佐市民病院 研修医
平成7年10月〜広島大学医学部附属病院医員 (研修医)
平成8年4月〜  済生会呉病院 (内科) 医師
平成11年4月〜 木阪病院 (内科) 医師
平成12年4月〜 広島大学医学部附属病院 光学医療診療部医員
平成13年4月〜 河村病院 (内科) 医師
平成14年4月〜 広島大学病院 光学医療診療部医員
平成20年1月〜 広島大学病院 光学医療診療部助教
平成21年1月〜 広島大学病院 内視鏡診療科助教
平成24年7月〜 広島大学病院 内視鏡診療科診療講師
平成28年4月〜 広島大学病院 消化器•代謝内科講師
平成29年10月〜 広島大学病院 消化器•代謝内科診療准教授

所属学会・資格
日本消化器内視鏡学会(指導医・社団評議員)
日本消化器病学会(指導医・学会評議員)
日本大腸検査学会(評議員)
日本大腸肛門病学会(指導医・評議員)
日本消化管学会(指導医・評議員)
日本カプセル内視鏡学会(代議員・指導医)
日本消化器がん検診学会(胃・大腸認定医)
日本内科学会(認定内科医,支部評議員)
日本小腸学会(評議員)
日本胃癌学会
米国消化器内視鏡学会,他

本会の司会は、広島大学病院 消化器•代謝内科 診療准教授の岡志郎先生に務めて頂きました。

岡先生「本日はAIメディカルサービス及びカイゲンファーマ主催の医師向けオンラインセミナーの第2回目の開会の挨拶と座長を務めさせていただきます。内視鏡AI発売が迫る中で、このような機会を頂きまして本当に有難うございます。AIメディカルサービスとは数年に渡り内視鏡AIの共同研究を行っておりまして、内視鏡AIの実臨床への可能性と期待を大いに感じております。

本日は上部消化管内視鏡AIの実態と、AIの今後の可能性ついてお話を伺えます。また、発見した消化管癌をESDで切除する最新のお話につきまして、引地先生からお話をいただく機会を得ております。皆様どうぞよろしくお願いいたします。」

基調講演1 カプセル内視鏡AIによる隆起性病変検出と大腸部位分類の研究成果について(一般社団法人厚生会 仙台厚生病院 消化器内科 齋藤宏章先生)

基調講演1 カプセル内視鏡AIによる隆起性病変検出と大腸部位分類の研究成果について(一般社団法人厚生会 仙台厚生病院 消化器内科 齋藤宏章先生)

齋藤 宏章(さいとう ひろあき)先生
仙台厚生病院 消化器内科 医師
福島県立医科大学 放射線健康管理学講座 博士課程大学院生

学歴・職歴
2015年東京大学医学部医学科卒。同年 北見赤十字病院にて初期研修後、2017年より仙台厚生病院消化器内科で勤務
2019年より福島県立医科大学医学部博士課程入学
消化器病、内視鏡診療に従事し、大学院では主に被災地域でのがん検診の実態に関する研究を行う。2017年秋よりAIMと内視鏡とAIの研究に参加。

所属学会・資格 
内科認定医、カプセル内視鏡学会認定医

基調講演1では、一般社団法人厚生会 仙台厚生病院 消化器内科の齋藤宏章先生に「カプセル内視鏡AIによる隆起性病変検出と大腸部位分類の研究成果について」と題したご講演を頂戴しました。講演では、齋藤先生が参画された研究、「AIによる大腸内視鏡画像の部位分け」「小腸カプセル内視鏡へのAI応用の研究」について、詳細にご紹介いただきました。また、他の先生方の研究状況・成果やそれを踏まえたカプセル内視鏡AIの可能性と課題についても触れられ、カプセル内視鏡AIの研究の全体像と詳細をわかりやすくまとめていただきました。

胃腫瘍に対するリフタル®️Kを用いたESDと最新の話題(福島県立医科大学附属病院 内視鏡診療部 部長/准教授 引地拓人先生)

引地 拓人(ひきち たくと)先生

引地 拓人(ひきち たくと)先生
福島県立医科大学附属病院 内視鏡診療部 部長 兼 准教授
福島県立医科大学大学院 医学研究科 消化器内視鏡学分野 主指導教員

学歴・職歴
1995年3月 福島県立医科大学医学部 卒業
1995年5月 :福島県立医科大学医学部附属病院 第二内科 研修医
2003年4月 :福島県立医科大学医学部 内科学第二講座 助手
2005年11月 :福島県立医科大学附属病院 内視鏡診療部 助手
2006年8月  :福島県立医科大学附属病院 内視鏡診療部 副部長・助手
2007年4月  :福島県立医科大学附属病院 内視鏡診療部 副部長・助教(名称変更)
2009年6月  :福島県立医科大学附属病院 内視鏡診療部 副部長・講師
2015年4月  :福島県立医科大学附属病院 内視鏡診療部 部長・准教授~現在に至る
(2015年5月22日:福島県立医科大学大学院医学研究科 消化器内視鏡学分野 主指導教員~現在に至る)

所属学会・資格
日本内科学会(認定医,専門医,指導医)
日本消化器内視鏡学会(社団評議員,学術評議員,指導医,専門医,東北支部幹事,東北支部評議員,東北支部指導施設認定委員(代表),東北支部セミナー委員,和文誌編集委員,専門医試験問題選定委員,関連研究会「内視鏡検査・周術期管理の標準化に向けた研究会」世話人
日本消化器病学会(学会評議員,指導医,専門医,東北支部評議員,専門医試験実施委員・試験判定委員)
日本消化管学会(胃腸科認定医,胃腸科専門医,胃腸科指導医,代議員,規約委員, Digestion誌査読委員)
日本カプセル内視鏡学会(代議員,指導医,専門医,読影トレーニング委員)
日本門脈圧亢進症学会(評議員,教育委員会委員,取扱い規約委員(臨床),技術認定医[内視鏡治療])
PEG・在宅医療学会(学術評議員,編集委員会編集委員,嚥下機能評価委員,認定胃瘻造設者,認定胃瘻管理者,認定胃瘻教育者)
日本高齢消化器病学会(評議員)
日本消化器がん検診学会(認定医,東北支部幹事,東北支部代議員)
日本ヘリコバクター学会(H.pylori(ピロリ菌)感染症認定医)
日本胃癌学会(ESD研究会(次世代内視鏡診療研究会)世話人)
日本膵臓学会(指導医)
日本肝臓学会(専門医)
福島医学会
米国消化器内視鏡学会(America Society of Gastrointestinal Endoscopy:ASGE):国際会員

編集 / 南 洋佑
Yosuke Minami
株式会社AIメディカルサービス 事業推進室

概略
新卒で医療×ITのビジネスを展開しているベンチャー企業に入社。生活習慣病患者さん向けのオウンドメディアにて、編集やライティング業務に従事。消化器領域における人工知能の活用に可能性を感じたこと、会社のビジョンに共感したことから、2020年より現職。「有益な情報をわかりやすくお伝えすること」をモットーに、gastroAI onlineにて記事を執筆中。

内視鏡・AI・医療の今を知る 会員登録はこちら