医師向けウェビナー WEBINER

[イベントのご案内] 医師向け無料オンラインセミナー「内視鏡診療の今後の可能性 〜内視鏡AIと最新ESD〜」

オンラインセミナー 内視鏡AIと内視鏡診療の今後

医師向けオンラインセミナー内視鏡診療の今後の可能性〜内視鏡AIと最新ESD〜

100名を超える内視鏡医にご参加いただいた内視鏡医向けオンラインセミナーの第2弾です。

第1回の開催報告はこちら [開催報告]医師向けオンラインセミナー「内視鏡AI導入による診療の未来像」

内視鏡診療の在り方がAIの発展とともに変わりつつあります。
最新の研究によると、AIの画像認識能力は人間を上回り、内視鏡にAIを搭載すると診療の質と患者様負担の軽減が期待できます。
内視鏡診療の今後の可能性について、内視鏡領域で著名な先生方3名に、変革が起きている内視鏡診療の未来像の解説を行っていただきます。この貴重な機会にぜひ参加ください。

参加費 無料

日時 2021年9月6日(月)19:00〜20:45

タイムテーブル

19:00 開催の挨拶

19:10 内視鏡診療の今後の可能性〜内視鏡AIと最新ESD〜

  • 座長:岡 志郎先生(広島大学病院 消化器・代謝内科/内視鏡診療科 診療准教授)

基調講演1 カプセル内視鏡AIによる隆起性病変検出と大腸部位分類の研究成果について

  • 演者:齋藤 宏章先生(一般社団法人厚生会 仙台厚生病院 消化器内科)

基調講演2 胃腫瘍に対するリフタル®️Kを用いたESDと最新の話題

  • 演者:引地 拓人先生(福島県立医科大学附属病院 内視鏡診療部 部長/准教授)

特別講演 内視鏡AI導入により得られる診療の品質向上

  • 演者:多田 智裕(ただともひろ胃腸科肛門科 理事長 / 株式会社AIメディカルサービス 代表取締役CEO)

20:30 パネルディスカッション

  • 岡 志郎先生(広島大学病院 消化器・代謝内科/内視鏡診療科 診療准教授)
  • 齋藤 宏章先生(一般社団法人厚生会 仙台厚生病院 消化器内科)
  • 引地 拓人先生(福島県立医科大学附属病院 内視鏡診療部 部長/准教授)
  • 多田 智裕(ただともひろ胃腸科肛門科 理事長 / 株式会社AIメディカルサービス 代表取締役CEO)

20:40 閉会の挨拶

※一部分のみの参加も可能です。
※お申し込みいただいた方は、後日オンデマンドでの録画を提供いたします。

お申し込み

お申し込みは終了しました。多数のお申し込みをありがとうございました。
以下フォームに必要事項をご記載の上、「イベントに申し込む」を押下してください。
期日までに登録いただいたメールアドレスにaskai@ai-ms.comよりウェビナーのURLが送付されます。
申し込み完了後、登録いただいたメールアドレスに自動でメールが送付されます。
※弊社からのメール(@ai-ms.com)を受領いただけるように迷惑メールの設定をご確認ください。
※ メールが届かない場合は恐れ入りますが以下お問い合わせ先までご連絡ください。

イベント詳細

昨今のコロナ禍において、学会のオンライン開催などで施設を横断した医師間の交流が減っており、最新の診療情報の共有が滞っているという課題をよく耳にします。
今回はオンラインでご自宅や勤務先よりご参加いただけます。

関連学会で注目の「内視鏡AI」

内視鏡AIは通常ならば見逃しやすい病変や判断に悩む病変の正確な診断を可能にする可能性を秘めたシステムです。現在AIメディカルサービス社では内視鏡AIの研究開発を進めており、内視鏡AIが導入・普及することより、医師の負担の軽減やがんの病変の早期発見に繋がり、医師と患者双方が大きな便益を享受することが期待されています。
本公演では現在普及が進んでいる下部の内視鏡AIだけではなく、小腸カプセル内視鏡AIの研究成果や上市間近の上部内視鏡AIの実態と今後の可能性の最新情報をお伝えします。

胃腫瘍に対するリフタル®️Kを⽤いたESDと最新の話題

ESDは早期胃癌に対する標準治療となり、絶対適応病変であれば切除できないものはない時代になりました。これは、ESD黎明期を知っている演者にとっては隔世の感があります。しかし、現在でも術中・術後の出血は最大の問題です。本講演では、新たな局注剤リフタル®️KならびにESD術中・術後の出血対応などに関する話題を提供します。

ご案内チラシ

無料 医師向けオンラインセミナーのご招待内視鏡診療の今後の可能性 〜内視鏡AIと最新のESD〜
ダウンロードはこちら

参加対象

本イベントは消化器関連の医師、研修医の方々を対象とさせていただきます。
それ以外の方は参加をお断りすることがございますので、予めご了承ください。

主催

AIメディカルサービス・カイゲンファーマ

諸注意事項

  • 本セミナーはビデオ会議ツール「ZOOM」のウェビナー機能を利用して開催いたします。PC、スマートフォン、タブレットのいずれかが必要です。
  • Zoom への事前のご登録、アプリのご利用をお勧めしております。本セミナーは、Zoom へのご登録またアプリのダウンロードがなくても Web ブラウザからご参加いただけますが、円滑なご参加のためご検討ください。
  • Zoom の登録はこちら:https://zoom.us/
  • 安定したインターネット環境の下で、PC またはモバイルデバイス(タブレットやスマートフォン)ご準備の上、ご参加ください。
  • 本イベント参加者様の動画、音声はメディア各社及び弊社によって各種記事公開されることがあります。予めご了承ください。

お問い合わせ

メール:ask@ai-ms.com
電 話:03-6903-1029(平日9-18時)

座長略歴

岡 志郎(おか しろう)

岡志郎先生(広島大学病院)

所属

広島大学病院 消化器•代謝内科 診療准教授

学歴・職歴

平成6年3月  広島大学医学部医学科 卒業
平成6年5月〜 広島大学医学部附属病院医員 (研修医)
平成7年4月〜 広島市立安佐市民病院 研修医
平成7年10月〜広島大学医学部附属病院医員 (研修医)
平成8年4月〜 済生会呉病院 (内科) 医師
平成11年4月〜 木阪病院 (内科) 医師
平成12年4月〜 広島大学医学部附属病院 光学医療診療部医員
平成13年4月〜 河村病院 (内科) 医師
平成14年4月〜 広島大学病院 光学医療診療部医員
平成20年1月〜 広島大学病院 光学医療診療部助教
平成21年1月〜 広島大学病院 内視鏡診療科助教
平成24年7月〜 広島大学病院 内視鏡診療科診療講師
平成28年4月〜 広島大学病院 消化器•代謝内科講師
平成29年10月〜 広島大学病院 消化器•代謝内科診療准教授

学位

医学博士(広島大学3803号 平成16年7月22日)
学位論文「Clinical and molecular pathologic features of colorectal serrated adenoma」

受賞

平成17年 第15回日本消化器内視鏡学会学会賞
平成23年 第20回欧州消化器病週間 (UEGW2011) Best Poster Award
平成24年 第21回欧州消化器病週間 (UEGW2012) Oral Free Paper Prize, Travel Grant
平成25年 第26回日本消化器病学会奨励賞
平成26年 大腸癌研究会最優秀論文賞(2015年度)
平成29年 日本消化管学会最優秀サイテーション賞
平成29年 平成28年度広島大学病院論文賞 最多論文賞
平成30年 2017年度Digestive Endoscopy Reviewer Award
平成30年 平成30年度日本消化器内視鏡学会学会賞

登壇者略歴

齋藤宏章 (さいとう ひろあき)

齋藤宏章先生(仙台厚生)

所属

仙台厚生病院 消化器内科 医師
福島県立医科大学 放射線健康管理学講座 博士課程大学院
内科認定医、カプセル内視鏡学会認定医

学歴

2015年東京大学医学部医学科卒。

職歴

2015年 北見赤十字病院にて初期研修後、2017年より仙台厚生病院消化器内科で勤務。
2019年 福島県立医科大学医学部博士課程入学。
消化器病、内視鏡診療に従事し、大学院では主に被災地域でのがん検診の実態に関する研究を行う。
2017年秋よりAIMと内視鏡とAIの研究に参加。

引地 拓斗(ひきち たくと)

所属

福島県立医科大学附属病院 内視鏡診療部 部長 兼 准教授
福島県立医科大学大学院 医学研究科 消化器内視鏡学分野 主指導教員

学歴

1995年3月 福島県立医科大学医学部 卒業

職歴

1995年5月 福島県立医科大学医学部附属病院 第二内科 研修医
2003年4月 福島県立医科大学医学部 内科学第二講座 助手
2005年11月 福島県立医科大学附属病院 内視鏡診療部 助手
2006年8月 福島県立医科大学附属病院 内視鏡診療部 副部長・助手
2007年4月 福島県立医科大学附属病院 内視鏡診療部 副部長・助教(名称変更)
2009年6月 福島県立医科大学附属病院 内視鏡診療部 副部長・講師
2015年4月 福島県立医科大学附属病院 内視鏡診療部 部長・准教授~現在に至る
(2015年5月22日:福島県立医科大学大学院医学研究科 消化器内視鏡学分野 主指導教員~現在に至る)

多田 智裕(ただ ともひろ)

所属

医療法人ただともひろ胃腸科肛門科 理事長
株式会社AIメディカルサービス 代表取締役CEO

学歴

1996年3月 東京大学医学部医学科卒業
2005年3月 東京大学大学院外科学専攻卒業

職歴

1996年6月 東京大学医学部付属病院 外科
1997年6月 国家公務員共済組合虎ノ門病院 麻酔科
1999年12月 東京都教職員互助会三楽病院 外科
2001年6月 東京大学医学部付属病院 大腸肛門外科
2005年4月 東葛辻仲病院 外科
2006年7月 武蔵浦和メディカルセンターただともひろ胃腸科肛門科院長
2012年3月 東京大学医学部付属病院 大腸肛門外科学講座 非常勤講師
2017年9月 株式会社AIメディカルサービス 代表取締役CEO