ABOUT US

私たちについて

 

世界の患者を救う

内視鏡は、日本が世界をリードしている先進の医療分野。
ところが足もとでは、「病変見落としが医師によっては2割以上」「大量の2重チェック負担で専門医が疲弊」という現実。

この問題にAI(人工知能)で立ち向かい、世界の内視鏡医療に貢献したい。
食道・胃から小腸・大腸まで、がんを早期のうちに見つけ、壊滅できるようにしたい。

そんな想いで創業したベンチャーです。

CEO'S MESSAGE

出発は「現場の悩み」だった

私は臨床医として2万例を超える内視鏡検査を施行し、現場ならではの悩みに直面してきました。そのたび解決策を考え、周囲の先生方の力を借りながら、より良い方法を研究し続けてまいりました。(たとえば、穿孔事故を防止する方法論を体系化して『患者に優しい“無痛”大腸内視鏡挿入法』を上梓したり、大腸ポリープ切除術後出血をほぼゼロにするCold Polypectomyを学会発表しています)

そして今は「がんの見逃し」撲滅に挑戦しています。臨床医は誰もが「見逃し」をしたくないし、そのため日々精進しています。
とはいえ、炎症ある胃内壁のなかに小さな病変を見つける作業は、経験10年以上の専門医でも難しく、またダブルチェック担当の医師も1日3000枚もの読影負荷に疲弊しているのが現状です。
まして専門医の少ない地域の先生方は検診現場で本当に苦慮しています。

AI第一人者の後押し

取り組みのきっかけは、「AIの画像認識能力が人間を上回り始めた」との東大・松尾准教授の話でした。「現場の苦しみを解決できるかも!」と思った私たちは、膨大な数の画像を一枚一枚精査してデータベースを構築し、ディープラーニング(深層学習)を活用した研究を積み重ね、とうとう専門医の平均を上回る判別精度に到達しました。
臨床現場で使うにはまだまだ改善が必要ですが、急ピッチで開発を進めています。
日本の内視鏡は、機器シェアが世界7割を占めるだけでなく、専門医の技量も世界一です。
その素晴らしい英知を結集させていただくことで、世界の内視鏡医療に貢献したいと考えています。

多田智裕

代表取締役会長・CEO 多田智裕
(ただともひろ胃腸科肛門科院長、東京大学医学部客員講師)

OUR TECHNOLOGY

世界最先端の実績

CASE.01

次々と認められる論文

世界初となる胃がん人工知能拾い上げ論文 がGastric Cancer誌に、ピロリ菌AI診断論文がEBioMedicine誌(LancetとCellの姉妹誌)に掲載されたのを皮切りに、部位別仕分や大腸がん、潰瘍性大腸炎に食道がんの拾い上げなど数多くの世界初となる論文を投稿・掲載しています。

CASE.02

特許出願も複数

国内特許出願済みなのはもちろん、海外でも出願します。世界中で行われている熾烈な医療AI開発競争において、当社は世界をリードしていると自負しています。

CASE.03

医師平均を超えた「正確さ」

将棋ではAIと名人の対決が有名ですが、当社のAIも内視鏡医20名以上と対決したところ、ピロリ菌胃炎判定で医師の平均を上回る正解率を達成しました。AIは医師の臨床現場で充分に支援パートナーとなり得ることが証明されました。

CASE.04

リアルタイム可能な「スピード」

ハードウェアの性能向上とCNN(畳み込みニューラルネットワーク)モデルの進化により、すでにリアルタイムでの判定が実現可能になっています。すなわち、AIは内視鏡検査をしているその場で病変発見支援できるまで技術レベルが進歩しており、全世界の臨床現場で必須のツールになると信じています。

テクノロジーの基盤

CASE.05

ディープラーニングをフル活用

画像認識分野のCNNは世界中で研究が行われており日々進化しています。特に、ディープラーニングによる画像認識レベルは従来の機械学習を超越しており、すでに人間の能力を超えました。これらの成果をいち早く採り入れています。

CASE.06

肝となるデータの量と質

AIの開発実務においては、教師データ(AIに覚えさせるデータ)の質と量がカギを握ります。当社は全国の有力病院と数十名の内視鏡専門医の協力を得ているため、良質かつ膨大な数の画像を継続的に集めることができ、かつ、それらを地道な仕分け作業を行うことでAI用画像データベースを構築しています。

CASE.07

作業用プラットフォームも自社開発

開発スピードを高めるために業務プラットフォームとなるシステムは自社で開発し、効率良く業務ができるよう改善を続けています。たとえば、医療データの扱いに細心の注意をしつつ協力医師の作業効率を最大化するために「画像匿名化処理ソフト」や「画像仕分けWEBシステム」を開発しました。今後も自社開発の強みをいかして、スピーディーな改善・改良を続けていきます。

PAGE TOP